忍者ブログ

コーチズの仲間でつくるページです。毎日の教室のことやソーランのことなど、日常の出来事なんかの裏話まで・・・。

プロフィール
HN:
CHU3
HP:
性別:
非公開
職業:
インストラクター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
[11/07 s-coaches]
[10/15 kirari]
[10/14 ケン]
[10/13 きらり]
[09/15 モア ザ メリア]
フリーエリア
バーコード
カウンター
忍者ポイント
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

個人的な話になりますが、現在ある大学の野球部のトレーニング指導の仕事に携わっています。もともと野球が大好きな僕ですが、小学生4年生からピッチャーで中学校に上がってすぐに肩を痛め野球を諦めました‥。あの時は、純粋にプロ野球選手が夢でしたが早々に断念しました。(今は、肩も治ったので草野球でバリバリ投げてます。今が1番燃えてるかも)
そういう経験から、野球をしている選手には同じ思いをして欲しくないので、野球のトレーナーを目指し仕事がスタートしました。
実際の所、自分が見ている選手達はイメージとは少し違いました。
僕のイメージでは、野球が上手くなり上を目指しながら日々練習をしているかと思ってましたが、現実意識の低さにびっくりしました。
ただ、まったく選手達がやる気がない訳でもなく練習もやっていますが、大学は高校とは違い自主性を尊重されます。その自主性が、ほとんど悪い方向にいってるなと感じました。中には、意識が高く上を目指す選手もいます。意識が高い選手は、熱心にトレーニングを聞きに来たり声をかけてもよく耳を傾けてくれます。
まだまだ、指導に関して勉強中ですが意識が高い選手が増えていくように、また全体のモチベーションが上がりチームが強くなるように頑張っていきます。
改めて、コーチングの難しさを知りました。
ただ、自分が携さわる人達にいい影響が与えられたらいいなと思います。
この記事を書いたら自分のモチベーションが上がりました。(笑)
よ~し、声出して元気良くいこう~♪         こづ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
うん声出していこう
っていうか~野球ができるっいう環境を感じてないのかないいチームになるといいね~手伝える事あったら言ってね~
HIROMI 2007/06/18(Mon)21:42:05 編集
無題
実際の現場で一番大切なのは、実はコーチングであって、トレーニングの理論や方法を知っていてもそれを伝えるまにいろいろなやり取りが必要だと思います。頑張って。
suzu 2007/06/21(Thu)20:36:15 編集
無題
うん!やっぱりコーチングだよね!伝え方!SUZUがいうと、重みあるなあ。がんばらな!!
hiromi 2007/06/22(Fri)11:33:32 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Designed by 桜花素材サイト