忍者ブログ

コーチズの仲間でつくるページです。毎日の教室のことやソーランのことなど、日常の出来事なんかの裏話まで・・・。

プロフィール
HN:
CHU3
HP:
性別:
非公開
職業:
インストラクター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/07 s-coaches]
[10/15 kirari]
[10/14 ケン]
[10/13 きらり]
[09/15 モア ザ メリア]
フリーエリア
バーコード
カウンター
忍者ポイント
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 久々に、友達と夕方早くから飲みました。友達っても色々あると思いますが、ほんとに色々話す友達です。一緒にいてすごく居心地がいいので、ついつい話が弾むのです。心に感じる深さとか、興味のある部分とか、そこにある価値観が似ているので、何の戸惑いもなく話せる気がします。

 たとえば、「曇った空で龍を見た!っていう人が、自分の周りには3人いるんです。本当にいると思いますか?特に、宮島の空は見えやすいそうです。」って話を友達が真剣に話始めます。二人で何十分もその話について、討論しているわけです。普通なら(何が普通かわかりませんが・・・)「馬鹿なことを~」って事になりかねない事を、話せる相手なんです。

 ちなみに、私は龍を見たことはありませんが、いるんじゃないかなって思うので、曇った空の日は気をつけて見上げています。もし、龍を見たことがある人がいらっしゃったら、教えてくださいね!

 そんな話だけではなく、身体のこと、心のこと、仕事のこと、止め処なく話していました。

 身体と心はものすごくリンクしています。身体が硬いと心も硬くなり、心が硬いと人を受け入れる場所がなく、持っている雰囲気にも緩みや柔らかさがなくなってしまう。だから、運動することは大事です。でも逆に言うと、心が柔らかくなると、何だか身体も軽く感じたりします。そんな話は、何時間もしていたでしょうか?

 世の中には、前向きになれず、犯罪や過ちを犯してしまう人もたくさんおられます。体力がなくて、自分の心の重さに耐えられなくなるんですね。体力はいろんな意味で付けていかなければいけないです。そのことが「心力」もつけることにつながるから。

 友達は、いろんなつらい状況に、立ち向かって少し克服したところのようです。これから、前向きに更なる人生を送る為に歩き出す準備をしています。私にできることは何でもしてあげたいし、心から応援しています。

 こんな友達がいてくれることにとても感謝だし、自分も励まされます。このブログを読んで下さっている方の中にも、いろんな状況の方がおられることでしょう。

 でも、ちょっと立ち上がって腕を振って深呼吸をしてから、物事考えてみてください。チャンスがあれば、体力をつける為に何か始めてみてくださいね。「心力」がつきますから!

                   Hiromi
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いるでしょう。当然。
龍ね。いると思うよ。見たことないけど。多分海の深い所には見たこともないデカイ生き物がいると思うし、山奥にはでっかい鳥とかいると思うよ。
それはそうと、世の中いろんな事件が多いけど、人間って昔は戦争なんてバカなことをやってた動物ですから、今の凶悪犯罪も頷ける気がします。僕はもう最近はテレビも付けないですよ。誰かが誰かを傷つけたっていうニュースばかりで見てもしょうがないと思うんです。はっきり言うと知らなくていいと思う。どこかにないですかね、今日起きた「良い出来事」ばっかり放映するテレビ局って。そしたら世の中ちょっとは良くなると思うんですけど。
結論として、僕はしんどいなあって思ったら病気の人とか、犯罪に会った人とか、そういう人たちの苦しみに比べたら自分なんて大したことないなって思うようにしてます。あと自分の視点を上空1000メートルくらいに持ち上げて、空の上から自分を見たときにすごいちっぽけなので、なんか悩んでもしょうがないなって切り替える時もあります。
suzu 2008/07/24(Thu)00:57:18 編集
はい!いますね!きっと!
 はい、悲しいニュースではなく、いい事ニュースを聞きたい。それだけでも、きっと幸せになるね。私は、みんなが幸せになるニュースをたくさん、届けるようにするよ。
Hiromi 2008/07/24(Thu)03:03:49 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Designed by 桜花素材サイト